【トランス脂肪酸ゼロ!健康で美味しい!】健康菜種油 OLIO(オーリオ)

おすすめ商品 新商品

3,222円 税抜

商品コード:

数量

この商品は通常一週間以内に発送いたします。


この商品は他の商品とまとめ買いができません。





  • 【品名】 OLIO(オーリオ)オリーブオイル ロッソ・バジル・ハーブ

  • 【生産者】うしくグリーンファーム株式会社 茨城県牛久市野町1496-1

  • 【加工者】 レストラン&ベーカリーミーモ 茨城県牛久市ひたち野東1-14-8


料理をさらに美味しくする3種類の味


ニンニクと鷹の爪がたっぷり入った「ロッソ」、ローズマリーやピンクペッパーが入った「ハーブ」、菜の花油で揚げたバジル入りの「バジル」の3種類セット。


パスタやサラダなどの味を引き立て、料理の幅が広がります。




OLIO(バジルソースを使用したレシピ)
トマトとモッツアレラチーズのカプレーゼ)


OLIO


生産者の声

女性に嬉しい栄養効果+料理も美味しくするオイル

レストラン & ベーカリー「ミーモ」(つくば栄養医療調理製菓専門学校)
「イタリアン・アーティスト」森野 正行さん

OLIO

OLIO(オーリオ)誕生について

本校のある牛久市に、農業生産法人・牛久グリーンファームさんという農家さんがありまして、 そちらで栽培して絞った「菜種原料の菜の花油」を、もっと広めたいとのお話をいただき、開発したのが、このOLIO(オーリオ)になります。

当初は、野菜のオイル漬けをつくろうという話もあったのですが、菜の花油の栄養価がとにかく高いため、 そのまま使える調味料のような形がいいというコンセプトになりました。

また、他の油とは違い、料理を美味しくする調味料としてのオイルを目指すことになりました。

本校はイタリアンのレストランも経営しているため、イタリアン料理やサラダなどによく合う味をイメージしています。

不純物・混じり気なしの菜種油を「生搾り」。しかも、トランス脂肪酸ゼロ

OLIO(オーリオ)は、低温圧搾(コールドプレス)製法という方法で、生搾りをする方法でつくっています。生搾りというのは菜種油の中でも珍しいと思います。

本校は調理の専門学校でもありますので、やはり安全な商品をご提供したいという想いがありました。
そのために、トランス脂肪酸をなくしたいと考えており、そのためにはどうしても生搾りでないといけなかったのです。

トランス脂肪酸がすべて悪いというわけではありませんが、種類によっては、あまり摂取しないほうがいいものもあります。
結果的に、OLIOは、トランス脂肪酸ゼロ。体に優しいオイルになっています。

また、OLIOは「オレイン酸」や「αリノレン酸」が豊富に含まれており、特にαリノレン酸は、オリーブオイルの8倍以上も含まれています。

商品ページへ

OLIO

料理をさらに美味しくする3種類の味を楽しめる

OLIOの菜の花は「キラリボシ」という余計な不純物が入っていない品種を使用していて、学校給食などでもご利用いただいております。

OLIO(オーリオ)は、3種類の味があり、イタリアンはもちろん、パンにつけたり、ヨーグルトに入れたりと、お好きな料理で楽しんで頂ければと思います。

まず「バジル」。 良質なバジルを揚げることで、香り豊かな味に仕上がっています。

次に「ハーブ」 ローズマリー、ローリエやペッパー類で味を整えました。
バジルもそうですが、ハーブを家庭でたくさん買っても、なかなか消費できないので、オイルで香りを楽しめるものを作りたいと思い、作りました。

「ロッソ」
アラビアータに近いイメージで、にんにくと鷹の爪が入った、ピリ辛の味です。

パスタやピザなど、ちょっと辛味を加えたい時のスパイスとして活躍するオイルになります。

不純物・混じり気なしの菜種油を「生搾り」。しかも、トランス脂肪酸ゼロ

OLIOは、かけるだけ、和えるだけで、料理の幅が広がるようなものにしたいと思っていました。 天然の良質な菜種油の生搾りなので、そのまま召し上がっていただけます。オススメはサラダですね。栄養的にもとても優れたものになると思います。

OLIOは、調理専門学校として、安全・安心なもので、とにかくこだわってつくりました。
ギフトパッケージもご用意しているので、自分用はもちろん、ギフトとしても喜んでいただけると思います。

商品ページへ

プロモーション動画

レストラン & ベーカリー「ミーモ」さんの商品を見る

  • OLIO

    レストラン & ベーカリー「ミーモ」
    つくば栄養医療調理製菓専門学校

    【トランス脂肪酸ゼロ。かけるだけで美味しい天然・菜種油】
    OLIO(オーリオ)

    税込 3,480

    > 詳しく見る
▲トップへ戻る